求められる居場所、なぜ?

刻々と商売・ビジネスの在り方や集客方法が変化する中、居場所について話します。
日々人々の意識が変化します。社会の空気感も変化するので、矛盾した内容になるかも知れませんが、ご了承ください。
まず
居場所市場になっていることを分かってください。人々は外出や移動が制限されたり、その期間が長くなるとストレスもたまり、次第に感情の揺れなどから想定外の行動も珍しくないです。個人差はあるもののその行動はちょっと気分転換するだけとか気軽にルール違反もします。それは根底に今ある現実より少々心地良い場所を求めるだけとか非常にシンプルです。
人が移動するとお金も発生します。
心地良い場所への移動、つまり動線です。
居場所への導線でビジネスは発生します。
居場所の提供ができればいいわけです。
今は
商売は上手く居場所を見つけることで成立します。
いつまでもそうとは言えないとしても、当分は
ビジネスとは居場所を提供することにあると言えます。物理的にも心理的にも、人は居心地のいい所へ向かう。寒い暑いからそれを避けようとしたり、他人・上司からストレスを受けたら避けようと行動する。
これはこういう事です。あなたはお店に入って気持ちよく迎えられると、リピートしますよね。居心地のいい所、居心地の良いを選択するからですね。それはあなたの行動ですが、一般的に人々の需要と言ってもいいです。そこに需要が在るなら、それは市場が形成されます。市場をつくるとは需要を喚起することです。
つまり、居場所は市場なのです。
居心地のいい心理動線をつくる。
動線にそって新たな導線が出来上がる。それは一定ではない。市場は変化します。絶えず変化する市場を感じれば次の段階に入れます。

居場所をつくることでビジネスは動く

コロナ感染も慣れ始め長期化の意識が共有され出すと、子どもを持つ親たちから学校に「子どもの居場所」を作ってほしいとの声があがった。これは子供だけでなく「居場所」という需要が社会全体に求められているためです。
商売やビジネスは「居場所」の提供さえすれば成立します。ここでは深堀はしませんが。
朝起きて、多くの高齢者はある行き場所にいく。あるスポット、ある場所、そこが店舗でもいいし、休憩所でもいいし、無意識に居場所に向かう。散歩かもしれない、人に会うか人を避けるか傾向に変化はあるけど、大体消費に向かう。短絡的に言うと「居場所」で売り上げは上がる。一人居酒屋なのか?パチンコ屋なのか?カフェなのか?スーパーなのか?あるサービスなのか?ある商品なのか?わかりません。
子どもたちなら本職は「遊び」と少し「学習」だからそこが居場所になる。政治家や教育関係者が提供すると教育になり、商売人が提供すると商売になる。
文学者・小説家・アーティストが提供するものはどうでしょうか?
何をすべきかは、何をしたらいいかは、あなたが考えればいいと思います。