つまらない話で話そうか迷っていたある有名なモデルクラブの件。
モデルクラブはシンプルなビジネスです、CMや広告関係のモデル派遣というメインの仕事はここではスルーして、学校ビジネスの流れで非常にミニマルな錬金術の話です。
モデルクラブ全部とは言いません。モデルの募集でモデルオーディションがあります。大体オーディション代が3,000円~ 5,000円かかります。もっと高い所もあるかと思います。大体が撮影代です。モデルはポートフォリオをもっていろんなオーディションに参加します。いい写真や今までの仕事の出演での作品、それらはまずは書類選考では重要なツールです。私たちはモデルクラブのカタログからオーディションに呼ぶモデルの選考は有名モデル、タレント以外はそれに依存します。
そういう話はここでは置いておいて、モデルクラブがするモデル募集は実際にモデルをほしいという理由以外に、ほぼ収入目的のモデル募集もあります。大した金額にはならないが3,000円x50人で15万円、定期的にやるので定収入が見込まれる。書いていて嫌になってきたのでここでやめます。
なんのためというと、これも大したことない、写真家の、またその助手のサラリーやスタジオ代とか、一種の経営上の知恵というんですか、そういうモデルクラブ経営者がいるということです。
実は上の例はしょぼいですが、再定義の仕方いかんで上記の10倍以上や収入以上のものも可能です。それは一般の人のモデルの募集とは対極にある、セレブの?上流階級の?政財界?の人たちが集まる、そういう所で、日本とは限らないし、あまり視野は狭くしない方がいいでしょう。モデルはアーティストまで行ける可能性があるから、モデルクラブも売り込みはTV出演や撮影だけでなく、別次元もあり得るのです。
アート事業という再定義を今度やります。
収入より名誉がいいと思うクライアントもいます。なので僕のコンサルは事業や経営だけでないので楽しみながらやっています。