スイカの売上げ年々減少しているので、再定義すると、売上げ回復なるでしょうか?

やってみないと分からない。
誰も分からないです。
多くの方は、こういうやり方やったら、こんな結果が出ましたみたいな話を期待します。
なので、再定義する上で、いろんな企画、プラニングしてみるしかない。
これが1つの常識的な答えです。
この辺は了承していただきたい。
ここ10年以上、売上げ、出荷量が減少している。
やみくもに、栽培所や会社で会議をしても、今まで通り?
で、その方法をあなたでも改善なるかものポイントを教えます。
・なぜ出荷が減っていくか、その原因は?
・多分、分かっているので、そこを消す? それが難しいのですね。
・だとすると、そこからですね。
まず、スイカが今日的でない、都会的でない点
家族構成もあるし、
重い、大きい、一個丸ごと買っても、食いきれない
じゃあ、小さくカットする。
これもカットフルーツは別に目新しくはない。
小さなスイカはある。小玉?
黒い高価なスイカはブランドでこれは特別だ。
スイカ全体の出荷量には影響しない。
ということは、1つの答えが見つかった。
●個別農家には、ブランド品をつくること。
それができない場合は?
いくつか方向性のみを、ここでは発表します。
1つは●他の何かとコラボする。
これは他のフルーツや食品でもいいし、弁当屋さんでもいいし、学校や公的機関とでもいい。
一種の商品開発や、もっと良いものは、高付加価値のものを開発すること。
その1つは●スイカの医療?健康補助食品的な何か?
またその上にも可能性は私には見えています?
ここから書くことは、もしかしたら、私の勘違いかも知れない。
スイカの食べ過ぎは夜尿症を注意された人はいるかも知れない。
多分、腎臓にはいいはずです。どれくらい言いかは専門家に聞いてください。
どういう医療的、健康補助食品に仕上げるのが開発力でしょう。

今回はスイカの商品開発を再定義しました。
以上です。