相談・コンサルティング

このコンサルで何が得られるか?

仕事・事業の再定義によって、隠れていたポジショニングUSP(独自の売り)も見えてくる。
チャンネルの移動や事業カテゴリーの変更によって新たな展開も生じる。これは全くの想定外で、驚くでしょう。自分・自社の新たな可能性を発見するかも?

市場で希望する独自のポジションで経営・存在が成立
言葉を変えると、独自のポジションで仕事をするので他と競う合う必要が少なくなる。仕事獲得や集客に大きく悩むことはない。経営・仕事が成立した後で、安定・拡大を目指すなら、また新たな視点の導入など相談に乗ります。
集客に問題あれば、いろんな要素を検討し問題解決します。
それが、広告なのか?商品なのか?サービスなのか?そもそも市場なのか?

独自のポジションにいても、業界によってはさらにブランドが必要な場合もある。

売上げに問題あれば、原因を探り、問題解決します。
集客できているのに、売上げが小さい?価格なのか?

●問題解決へ、何をすればいいか、すぐ行動できるよう、サポートします。
問題点を理解しながら、何をすればいいか、迷う人が意外と多い。
何をやればいいか、アドバイスします。

ビジネスは何のためにする?

人がビジネスする、起業と言い換えてもいいです、何のため?ビジネス・商売が成立するには集客は最重要です。ですがその前に人が望んでいるものを提供できその人が、その商いが社会を豊かにすることであること。これは大切な視点です。望んでいるものを提供して儲ける、これだけなら犯罪者も同じ。また地域・業界で1位を目指す。1位になることは自体は悪いことではない。小さなエリアでは1位はそんなに難しいことではない。1位なった人は分かると思いますが、1位なった途端いろんな障害が立ち上がります。経営者の思いや戦略で大体そこからが岐路になります。

現状の打開のために何が緊急であるか?

一番多い相談は集客。集客に問題ある場合、集客さえできれば現状は打開されます。小さい規模であれば集客できていればマーケティングは極論要りません。多くの場合、集客できれば赤字から黒字に転化します。客が来ていても赤字の場合は、価格設定とか別の話。その前に市場の把握が出来ていないと話になりません。ローカルな地域店では市場規模に応じた経営の設定は起業前にすべきです。
立地に問題を抱えているとか、最悪の場合でも、市場の移動とか市場規模の見直しも可能です。ご相談下さい。

すべては問題解決ソリューション)に向けて行う

●問題は何か?から始まります。
1年後、5年後、10年後の姿が・・・。
解決のために必要ないくつかを始めます。
リサーチやマーケティング・商品開発・ブランディング・プロモーション・広告・デザインなど必要に応じて、お望みならパッケージングします。大企業でなければ、実際はリサーチやマーケティングなどは必要ないかも?10年20年先の成長を計画しているなら、マーケティングは必須ですが、今は意識だけでもいいです。軌道にのれば勉強してください。
良い商品の提供、集客できて、接客サービスの高水準がなされていれば、ほぼ売上・経営は安定します。
店舗経営では立地は起業前に考慮すべき大きな要素です。立地が悪く開業してしまったら、別の戦略など早い内に対処してください。

SAKI OFFICE の強力な動線と導線」集客

店舗や通販において、動線と導線から「人が動く人が集まる理由を業界別に指摘します。それが集客の問題解決につながります。

以下は事例ですが、少々抽象的な要素が多いです。ここでは細かい説明は省きます。

事例として)
過去の通販で全商品について物語をライティングして掲載。
コピーライティングの出来で結果が異なりますが。この物語がなぜ導線なのか?分かる人は少ないです。分からなくても、物語がモノの販売で重要で効果があることは肌で知っています。NHKのチコちゃんじゃないけれど、「物語が有効な訳は、人の琴線に触れるから」。琴線と導線、同じ線だから?駄洒落じゃないです。琴線と動線なら近いです。

受付・接待
ここでの受付は、受付嬢がその奥にお客さんを案内する業務というものではない。まさに仕事を請け負うかどうかを判断する需要な業務です。接待もお酒・パーティーの席での話でもない。最初の対面から挨拶も含め接待の要素が仕事の流れの中で「人が動く」につながっているかです。これが店舗の場合も同じです。受付はこの場合、入り口での「いらっしゃいませ」から始まります。

導線集客の具体的な手法として)
オンライン・インターネット集客では、LINE@などで導線を引いておいたりします。これはケース・バイ・ケースです。

何のためのコンサルティングか?

天才的なビジネスマン・商人は天賦の才能・感性をもっています。この人達は理論を超える分析・判断・決断ができ、それによって成果を手に入れられる人です。私達は真似できません
誰でも結果が、成果が出るための手段・方法、それを的確にアドバイスするのがコンサルタントです。大企業相手から中小企業診断士、いろんなコンサルタントがいますが、デザイン・広告をプロとしてやってきたコンサルタントは極めて少ないと思います。
当方は商店経営者からデザイナー一級建築士、仏師、高校の校長、お笑い芸人まで、さらにコンサルタントをコンサルティングしています。
コンサルティングのメニューは別ページに載せています。
●コンサルのコース ⇒ 具体的なメニュー+コース