ロゴとマークは必要?
両方必要の場合とロゴだけで十分な場合がある。

ロゴが事業体に似合っているか?
うまく活かされているか?
個人的な見解はなるべく避けて、一般論として。

デザインの優劣、緻密なデザイン
デザインとロゴの規約が調和しないことがある。例えば、強く太く目立つロゴが繊細なものに合わないとか。
会社の店舗の特徴、主張、すべてを体現していることを目指さないでもいいのでは?若い頃は度々これはロゴの規約違反だと怒られたことがあるが、今ではそういう規約をつくった体制の意識まで気づく。
過剰すぎれば、嫌われる。すぎればロゴ・マークによって、かえって自信のなさにつながる
会社の成長時代の雰囲気、そういう中でロゴ・マーク・ネーミングも推移もしていく。

例を上げながら具体的に見ていきます。

Panasonic  Panasonic
SONY     SONY
APPLE  APPLE
NIKE     
NIKE

企業のロゴ、無数にある。
日本の和のマーク・ロゴ
和菓子のロゴ
スイート・お菓子のロゴ

ラーメン屋さんのロゴ
うどん屋さんのロゴ
ホテルのロゴ

家電メーカーのロゴ
商品としての個々の家電のロゴ
などなど見本は無数にある。

続きは後日